東京サラリー奮闘記

26歳広告系サラリーマンの日常と音楽コラムを徒然なるままに書いています。

大森靖子に謝罪したyogee new wavesがやっぱり好きだ、ロックだ

画像検索結果

 

僕の好きなバンドにyogee new wavesがいるんだけれども、

ふと通勤中にニュースサイトをみるとこんな記事が目にはいってきた。

 

news.livedoor.com

 

詳細については記事をみてもらえればなんだけど要約すると、

 

BAYCAMP大森靖子が音楽は魔法ではない旨の曲を演奏

直後出番のyogee new waves が冒頭音楽は魔法だよ発言

出番中にベースの弦が切れる、予備がなかったため大森バンドのベースをかりる。

※その時大森バンドのベースがいなかったため、ギターに伝えてかりる。

一連の流れに対して大森ぶち切れ

yogee後日謝罪も大森怒りおさまらず

 

といった流れ。

 

僕はyogee new wavesも大森靖子も好きなので、

音楽は悪くない的な発想で他の人が言っているような、

人間性の否定までの気持ちは怒らないのだけれど、

この後のyogeeの行動から思うことがあったので記事タイトルにつながります。

 

先週yogeeはこの件に対して経緯をHP上で発表しました。

 

» BAYCAMP 2017 に関してYogee New Waves

 

内容は全面的な謝罪。

どんなサイトよりも丁寧に経緯について説明されています。

こういった騒動でのバンド側からのある意味全面降伏についてあまり記憶がありません。

 

ただ、僕はこれを読んで素直にらしいなあと納得しました。

 

普通、ぼろくそ言われてここまで謝りますか。

悪気がなかったのならなおさらです。言い分もあるだろう。

ただyogeeは本気で誤った。

 

なんでなんだろう。

それは音楽を守るためだ。 ※妄想

 

僕の妄想では今回の騒動で音楽以外の部分が膨れ上がって、

結果的にyogee、大森の音楽性が傷つけられていくことが耐えられなかったのだと思います。

 

大好きな音楽が自らの騒動によって傷つけられていく、

そのことにyogeeは心から悲しみ、全面降伏によって音楽を守った。

 

音楽を信じるがゆえの行動によって結果的に音楽が傷つけられていく。

そんな音楽を守るために謝罪する。

 

今回の一連の騒動、謝罪によって、

yogeeの無邪気で無垢な音楽への愛を僕は感じました。

その姿は最高にかっこよくて、ロックだし、そんなyogeeがやっぱり好きだ。

 

本当にいい曲だなあ

www.youtube.com