東京サラリー奮闘記

26歳広告系サラリーマンの日常と音楽コラムを徒然なるままに書いています。

「彼女がその名を知らない鳥たち」を観た ※1文目からネタバレ

あなたは愛する人のために死ねますか?

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ネタバレあらすじ

蒼井優が元カレの竹ノ内豊に切れて殺す。

今彼の阿部サダヲが迎えに行って死体うめる。

家帰る。蒼井優記憶なくす。阿部サダヲ喜ぶ。

 

幾年がたち、なんだかんだで松坂桃李といざこざがあり、蒼井優刺す。

とたんに殺人の記憶よみがえる。自分を責める。

付けていた阿部サダヲ蒼井優をなだめる。

蒼井優なだまらない。阿部サダヲ蒼井優の罪を背負うと言って自殺。

 

蒼井優阿部サダヲのであった頃の回想はじまる。

 

「私の彼氏は阿部サダヲ」とナレーション入ってエンドロール。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

以上がざっくりあらすじになります。

あらためて箇条書きにするとわけわかめな映画ですね。

道徳観もくそもないです。ただ僕はこの映画をみて不覚にも泣いてしましました。

世の中的にも純愛物語、感動作的な宣伝をされています。

 

理由は1つです。

愛する人のために自分の人生をささげる姿が胸を打つからです。

 

この映画、道徳・倫理の観点から言った無茶苦茶です。

不倫・殺人は当たり前の世界観です。

 

ただそんな汚い世界の中でも阿部サダヲ蒼井優のためだけを思って生きていた。

そのことが物語の終盤に明らかになります。

※物語の中盤まで阿部サダヲはミスリード的に悪者のように描かれています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■観ている人の感想、時系列

蒼井優くずだなあー

阿部サダヲきたないなー、くずやなー

竹野内豊もくずやん

うわっ、松坂桃李もえろくずやん

 

※中略

 

えっ、竹野内豊どくずやん、ちょっと蒼井優に同情やわ

えっ、殺すん?松坂桃李もさされとるで。

 

※中略

 

蒼井優どうするんやろか。

えっ阿部サダヲをなんでフェンス上ってんの?死ぬの?

やっぱり飛び降りた!

 

※回想

 

阿部サダヲめっちゃいいやつやん、、涙

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

はい、僕はこんなかんじでした。

これは見ないと意味がわからないですよね。

でも感情的にはこうでしたよ、本当に。

 

素直に感心したのはモラルが崩壊している世界観のなかで、

愛する人への純情の1点突破で物語を着地させたことです。

そして見事に観客もこれまでの経緯をすっ飛ばして感動してしまいます。

 

汚い世界の中では純情がより輝くということでしょうか。

僕は愛する人のために死ぬほどの度胸はない人間です。

 

もう終わっているかもしれませんが機会があればみてみてください。

それでは!