東京サラリー奮闘記

26歳広告系サラリーマンの日常と音楽コラムを徒然なるままに書いています。

エンジョイミュージッククラブが怖い

f:id:nunenona:20180221200828p:plain

 

本日も残業しながらブログを書いております。

まずはじめにこの記事エンジョイミュージッククラブを悪く書きたいわけではありませんので悪しからず。。

 

ご存じでしょうか?エンジョイミュージッククラブ。

一言でいうとゆるめのラップグループでございます。

 

ゆるの極み動画があるので見ていただければ一発かと。

ちなみに曲めちゃくちゃ好きです。

 

www.youtube.com

 

いかがでしょうか?このゆるゆるなかんじ。

野外でステージもなく、ゆるーくラップ。

このイベントの詳細は分かりませんが非常にDIYなかんじ。

 

その他の曲

 

www.youtube.com

 

いかがでしょうか?これもいい曲。

ドラマチックでも、ロマンチックでもない夜、

友だち同士でくっちゃべってだらつく、

そんな日々を歌った曲だと解釈しております。はい。

 

他にも名曲がたくさんあります。

上記2曲でなんとなく伝わったんじゃないかなーと思います。

 

そしてなぜ僕が怖いのかというと!本題です。

この人たちを聞いていると何もないけど仲間はいたり、

居場所がある、凹凸もそこまでない日常を肯定する気持ちになるからです。

 

誤解を恐れずに言うと、、

とにかく向上心が感じられない。

 

コンセプチュアルなグループだと思うし、

曲も歌詞も素晴らしいので聞く分には何も文句はないのです。

 

ただこの居心地のよさ、日常への肯定感に浸ってしまうと、

抜け出せなくなってしまうと拙者は考えるのです。

そういえばフリースタイルダンジョンで晋平太が拙者は運転者って言ってたの思い出しました、脱線です。

 

まだそこまで曲も聞きこんでないし、とりあえずの印象でしかないですが、

なんとなくヒッピーとかこんな感じだったんじゃないのかなあと。

 

ゆるーく、みんなハッピー、ぱっぱらぱー、ラブ&セックス、

ジョンレノン、オノヨーコ、戦争反対、ピースピース、はっぱはっぱ。

みたいな。(偏見)

 

ゆるっと人生を肯定して、

だらっと人生が終わっていく。

それでもいいじゃん的な。そんな怖さ。

 

あんまりそんな印象を持つ人はいないと思いますが、

わかる人いると思うんですよね。このかんじ。

 

音楽に限らず、ゆるーいものが良しとされるかんじ。

何怒ってんの、楽しくやろうぜ、ハッピーハッピー。

そこまででもないか。

 

とにかく自分自身このゆるさに飲み込まれてしまいそうなので自戒の念もこめて書きました。エンジョイミュージッククラブはめちゃくちゃいいグループです。

是非聞いてみてください。そして居心地のよさにのみこまれてください。

 

それでは!