東京サラリー奮闘記

26歳広告系サラリーマンの日常と音楽コラムを徒然なるままに書いています。

数字を達成してもうれしくない話

f:id:nunenona:20180617110131p:plain

 

久しぶりのブログ更新です。

最近企業勤めをしながら思うことがあり記事にしました。

ちなみに営業職です。

 

まずブログを更新していない約4か月、、、

大変仕事に精進しておりました。月の残業時間?数えたくないです。

 

その結果4月~9月の数字目標を5月時点でハイ達成、

成果としては残せているかなーと思います。

 

ただですね、とにかくうれしくない。

今日はその理由を書きつつ、サラリーマンって、、、

という自分のもやもやを吐露していきます。

誰が興味あんねんは置いときます。吐露する場所がないのです。

 

理由①

忙しくなる。仕事の質が落ちる。むなしくなる。

 

単純ですが、数字がつくほどに仕事も増えます。

そしてこのご時世人手不足です。

じゃあ誰がこの仕事やるの?僕でしょ。状態が続きます。

そうすると仕事の質が落ちたり、案件に優先順位をつけます。

クライアントのことを思って、仕事をとってきたのに、

いつの間にかこなすことに必死になる。ああつらい。

 

理由①の解決策

→偉くなって、質が落ちない体制を作る。

 

理由②

そもそもこの数字なんやねん。

人が決めたことやん。これ達成して意味ある?

 

僕自身部署内で誰よりも高い数字目標だったのですが、

そもそもで考えますと下記フローで数字決まっていきます。

 

会社の目標→部署の目標→課の目標→個人の目標

 

これって結局自分じゃない誰かが決めたにすぎないんですよね。

もちろん会社存続、成長のために逆算してるとは思うんですが、

細部を見たときになんでこの部署の目標高いの?

なんでわいの個人目標高いの?といった部分は、

尊敬できない先輩方の経験からくる素晴らしい肌感覚で、

成り立っていることをひしひしと感じたんですよね。

 

理由②の解決策

→偉くなって、数字を作る側になる。

 

理由③

やっている仕事の社会的意義がわからなくなった。

 

数字とか関係ないですが、最近もやもやしております。

いま自分が成果を出してやっているこの仕事、果たして意味があるのか。

誰のためにやっているのか、なんのためにやっているのか、

ずっとぐるぐるしています。

仕事をすること自体は苦痛ではないですが、

上記部分がもやもやのなか、受注が続くことはなんともいえないです。

 

理由③の解決策

→偉くなって、事業を作る側になる。

 

 

そう、思っているのは偉くなるしかないな。といこと。

企業勤めであるメリット、デメリット、

独立のメリット、デメリットはあると思いますが、

自分自身企業で働いている以上、

その環境に文句を言い続けても無駄だと感じました。

 

いやならやめるなり、転職をする、

それでも企業で働くなら偉くなるしかない。

そんな気持ちがふつふつでござんす。

 

多くの人間をまきこんで、自分がやりたいことをやる、

そういう部分では企業勤めは効率いいんですよね。

 

さっき久しぶりにR25読んで色々考えさせられました。

 

まとまりがないですが、

結論、出世したいでやんす。そんな記事でやんす。